Elicina(エリシーナ)はかたつむりの保湿力と肌再生効果で、乾燥肌に最適なスキンケアクリームです。

乾燥肌

肌の悩みで多いのが乾燥によるものです。
肌の乾燥が気になる方はスキンケア方法を改善する事で解決できる場合もあります。

 

 

乾燥肌の原因1位は洗いすぎ、擦りすぎ

乾燥肌の要因は季節や体質などもありますが、最も懸念しなければいけないのが洗いすぎや擦りすぎです。
季節の影響もあるので、乾燥しやすい時期はより丁寧で肌に優しくケアしてあげるようにしましょう。
肌の表面にダメージがあると、肌の潤いが逃げて乾燥肌へとつながります。
洗顔だけではなく、肌の手入れは小まめに化粧水を使ったり、クリームを塗る時なども擦りすぎないように気をつけましょう。

 

肌にはバリア機能がある

人間の肌は角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)を逃がさないようなバリア機能があります。しかし、夜のクレンジングや洗顔、入浴で肌がダメージを受けると肌バリアが壊されて無防備な状態となってしまいます。
バリアは非常にデリケートな物で、完璧にバリアを保護したスキンケアは不可能に近いです。
バリアは回復力も高く夜にダメージを受けても、肌が健康な方なら一晩寝れば復活します。そのため、夜にしっかり基礎化粧品で保湿してあげれば乾燥肌リスクを大幅に軽減できます。

 

さらに、肌ダメージの回復機能がある高品質クリームを使用すればバリア回復スピードが早まります。Elicina(エリシーナ)はかたつむりの保湿力と肌再生効果で乾燥肌の対処にも最適なスキンケアクリームです。
このように、肌バリアを意識したスキンケアを心がけると乾燥肌の改善が近づきます。

 

 

保湿のしすぎは逆効果になる事も

  • 長時間の入浴
  • 安物の化粧水パックによる長時間保湿
  • オイルの過剰使用
  • 複数の化粧品の使用

 

このように乾燥肌のためには、とにかく肌に潤いを与えようとする方がいますが、保湿のしすぎはバリアの保護や角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)の生成がしっかりできていないと、逆効果になる場合もあります。

 

肌が濡れている状態が続くと、必要な天然保湿成分などが流れ落ちて乾燥肌が悪化してしまう事もあります。

 

また、化粧品には化学合成量も含まれていて、スキンケアのために多くの化粧品を使いすぎると悪影響が及ぶ場合があります。
自分にあった化粧品を見つけて厳選して使用するなど、スキンケアに適度な歯止めをする事が求められます。

>> 自分に合う方法・選び方