肌に優しい洗顔フォームで摩擦の力加減を調整しながら洗いますが、こすりすぎに注意しましょう。

朝の洗顔の大切さ

洗顔は夜だけという方はいませんか?
朝は忙しくて洗顔を省いて寝起きの肌に直接化粧をしてしまう方もいますが、寝ている間には汗や汚れ、不要な皮脂が発生しています。

 

まずは朝起きたらしっかり洗顔をする習慣を身につけましょう。

 

 

朝洗顔の重要性

朝洗顔の目的は次の3つがあります。

  1. 汚れや汗・ダニ・余分な皮脂などの除去
  2. 皮脂の酸化予防
  3. 古い角質の除去

 

このように肌を一度綺麗にしてあげないと、肌に悪い成分を含んだまま1日を過ごす事になってしまいます。
汗や皮脂の酸化、古い角質はシミやシワ、老化の原因になります。

 

朝の洗顔を怠ると肌トラブルのリスクが高まるので冬や忙しい朝でも最低限の洗顔を必ず行うようにしましょう。

 

 

朝洗顔の注意点

朝洗顔は夜寝ている間に溜っている皮脂を適度に落とす事が重要です。
洗顔する事で皮脂の酸化予防効果も得られます。

 

しかし、皮脂を取りすぎてしまうと悪影響が出る場合もあります。

 

肌に優しい洗顔フォームを使い、摩擦の力加減を調整して、こすりすぎに注意しましょう。
ぬるま湯などで軽くすすぐだけでは、汚れは落ちても皮脂はほとんど落ちませんし、肌トラブルの原因で多いのが洗顔のこすりすぎです。
自分の皮脂の多さや季節に応じて適切な朝洗顔の加減を見つける事が美肌への近道です。

 

泡の洗顔フォーム

 

 

朝洗顔はしない方が良いという噂について

一昔前は朝洗顔はしない方が良いという説がありました。
実際にテレビや専門家が朝洗顔は逆効果といった情報発信をしていた時期もあります。

 

しかし、これは古い考え方で、何も洗顔をしないのはシミやシワの原因を作るリスクが大きすぎるという事で、現在は朝洗顔はした方が良いという結論の方が圧倒的支持を受けています。

 

ただし、朝洗顔は擦りすぎなどやり方を間違えるとデメリットがある事も事実です。
忙しい朝でも焦らず落ち着いて丁寧な洗顔を心がけましょう。

 

また、朝洗顔によるダメージは夜の保湿不足が原因の場合もあります。
朝に肌が乾燥しすぎないように寝る前のスキンケアもしっかり行いましょう。
高品質のスキンケアクリームを利用すれば、朝洗顔によるトラブルリスクが緩和されます。

>> スキンケアの手順