ファンデーションで紫外線対策を行い、クリームは保湿など本来の効果を重視して選びましょう。

紫外線対策

紫外線は美白を維持する事はもちろん、肌に余計なダメージを与えないためにも入念な対策が求められます。

 

ここ最近は顔の紫外線対策は日焼け止めではなく、UVカット効果がある化粧品を使う方法が一般的になってきています。

 

 

紫外線カット効果のある化粧品

定番商品はパウダーファンデーションです。
汗を吸収してくれるのでファンデーションが落ちにくく持続性が高いです。
紫外線カット効果も高い商品が多く、日焼け止めと同等以上の効果を期待できます。

 

紫外線カット効果があるファンデーションを使用した後は綺麗にクレンジングするスキンケア対策もしっかり行うようにしましょう。

 

 

UVカット効果があるスキンケアクリーム

朝にクリームを塗るだけでUVカット効果があるスキンケア用品があります。
保湿も一緒にできて化粧の手間も少なくなるため一石二鳥だと興味を持つ方も多いですが、実際の効果はどうなのでしょうか?

 

口コミなどの評判を見ると残念ながら日焼け止めやファンデーションのような100%に近いUVカット効果はありません。

 

UVカット効果があるスキンケアクリームは、紫外線を受けても肌が赤くなりにくい効果がありますが、肌にダメージを与える量の紫外線を通してしまいます。
つまり、紫外線の影響を実感しにくくなりますが、紫外線対策としては効果は今ひとつです。

 

また、クリームはスキンケアの中でも重要な役割を担っていて、紫外線対策を重視して選ぶと自分に合っていない商品にたどりつくリスクもあります。
紫外線対策はファンデーションで行い、クリームは保湿など本来の効果を重視して選んだ方が肌へのメリットが大きいです。

 

 

SPFが高いほど肌のダメージが強い

日焼け止め

 

ファンデーションなど日焼け止めグッズには「SPF」という数値で紫外線カット効果を知ることがでいます。

 

SPFの数値が高いほど紫外線効果が高くなる一方で肌の負担も大きくなります。
当然、SPFによる影響よりも紫外線による影響の方が大きく、シミや乾燥などのリスクも発生します。

 

紫外線対策は季節に応じて適切なSPFの数値の化粧品を使い、夜になったらSPFのダメージをケアできるようなスキンケアをしっかり行う事が重要です。
特に夏場は保湿の必要性が薄れる季節ではありますが、SPFの数値が大きい商品を使う事が増えるので、スキンケアも手を抜かないように気をつけましょう。