ワセリンは肌の水分を蒸発しないように防ぎ、ヒルドイドは肌の水分を増やす効果があります。

ワセリンとヒルドイド

皮膚科で処方される保湿剤の中でも代表的なものに「ワセリン」と「ヒルドイド」があります。
しかし、ワセリンとヒルドイドはどのようなものでどういった違いがあるのか、きちんと理解されている人は少ないのではないのでしょうか?
そこでここではワセリンとヒルドイドについて詳しく解説していきます。

 

ワセリンとは

ワセリンとは肌の内部には浸透せず、肌の表面を保護する性質があります。そのため保湿剤、というよりは「保護剤」という解釈の方が正しいかもしれません。
肌の表面を保護して肌から水分が蒸発しないようにし、肌の内部に水分を閉じ込める事が出来ます。
その効果は他の保湿剤に比べてとても高く、例えばホホバオイルの3倍以上、オリーブオイルの5倍以上の効果があるという測定データもあるほどです。
ワセリンは肌の内部に浸透しないため、肌自体に刺激を与えることがないので、肌にとって安全な保湿剤であるといえます。
ワセリンの主成分は石油などの鉱物油なのですが、生成されているので安全性が高いものになっています。
例えば、医療現場で使用されたり口に入れても害が無いので赤ちゃんや子供に使用されたり、目の付近に使用することも出来ます。
安全性は純度が高いものの方が確率が高くなるので、「サンホワイト」や「プロペト」などを購入するようにするとよいでしょう。
使用するときには肌をこすらないように優しく使用し、出来るだけ厚く付けるようにしたほうが効果を発揮させる事ができます。

 

ヒルドイド

ヒルドイドのクリーム

ヒルドイドは「モイスチャー効果」がある保湿剤です。
「モイスチャー効果」とは肌の血行を促進させる事で肌の水分の循環や供給を増やす効果の事です。ヒルドイドには「ヘパリン類似物質」があり、この成分が肌の保水性を高める事が出来ます。
保湿性だけで言えばワセリンよりもヒルドイドの方が優れているといわれています。
しかし、ヘパリン類似物質には皮膚を刺激する可能性があるので、目の周りなどに使用する事ができません。そのため安全性はワセリンの方が高いといえます。
肌に違和感を感じた場合は使用を中止しましょう。
ヒルドイドには「クリームタイプ」「ソフト軟膏タイプ」「ローションタイプ」があります。タイプによって使い心地が異なります。
ソフト軟膏タイプはしっとり感が長続きしますが多少べたつき感があります。
ローションはさらっとしており使い勝手はよいですが、しっとり感がなくなるのが早くなってしまいます。ローションは他のタイプに比べて浸透性が高くなっていますが、肌への刺激が一番強くなってしまいます。
こちらもワセリン同様、出来るだけ厚めに付けるようにしたほうが効果を得る事が出来ます。
ワセリンは市販されているものも多いですが、ヒルドイドは病院での処方箋でのみ購入する事が出来ます。

 

パラベンについて詳しくはこちら

パラベンフリーとは