スクラブは肌を綺麗に滑らかにするので、化粧ノリが良くなります。

スクラブの使用方法

スクラブ洗顔」とはそもそもどういったものなのかご存知ですか?
「スクラブ」とは普通の洗顔料とは異なり、細かい粒子が入っている洗顔料で洗顔する事を言います。
細かい粒子を使用することで、肌の表面に蓄積している古い角質や余分な皮脂などを取り除く事が出来、肌をきれいにすることが出来肌の表面をなめらかにしたり化粧ののりを良くする事が出来ます。

 

スクラブに使用されているものはさまざまで、天然素材のものだと「天然塩」「米ぬか」「海藻」など、合成素材だと「ナイロンパウダー」「マイクロビーズ」「合成ワックス」などがあります。
素材によって粒子の大きさや柔らかさなどの使い心地や付属される効果なども異なってくるので、自分に合った素材を選ぶ事が大切です。

 

スクラブ入りの洗顔料

例えば「米ぬか」のスクラブであれば美白効果やアンチエイジング効果が、「塩」のスクラブは洗浄力が高いのですが、肌への刺激が強いので肌が弱い人は使用しないほうがよい、などがあります。
スクラブ洗顔料を購入するときはどんなものが配合されているのかきちんと確かめるようにしましょう。
スクラブ洗顔は一見「肌をきれいにする事ができる良い洗顔」のように見えますが、使用するときには注意が必要です。
スクラブは通常の洗顔料に比べて洗浄力が非常に強いものです。そのため、使用する頻度は週に1~2回ほどがおすすめです。
角質は一見「悪いもの」のように捕らえがちですが、本来角質は「肌の表面のバリア機能」を持っています。
そのため、スクラブを頻繁に使用してしまい角質を取りすぎてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまうため、逆に肌荒れの原因になってしまいます。
特に乾燥肌や敏感肌の人は自分の肌の状態を見て行う事が大切です。
また、肌に炎症したニキビなどがあったり肌にかゆみがあるなど、通常の肌の状態でないときはスクラブの使用を控えるようにしましょう。

 

正しいスクラブ洗顔の方法

スクラブ洗顔はクレンジングや通常の洗顔を行ってからにしましょう。また、スクラブ洗顔を行うタイミングは夜がよいでしょう。
スクラブ洗顔料は通常の洗顔料よりも刺激が強い為、力を入れてゴシゴシ擦って使用しないようにしましょう。
額や小鼻など気になる部分になじませるように優しく行うことがポイントです。
その後、洗い残しがないようにしっかりすすぎます。このときも力を入れず優しくすすぐようにしましょう。
タオルで顔をふくときは、水分をタオルに吸収させるようにタオルを顔に押し付けるように行いましょう。
その後、すぐに化粧水や乳液などでスキンケアを行います。スクラブ洗顔後は顔が通常の洗顔時のとき以上に乾燥しているので、普段のスキンケアよりも丁寧に保湿をする事が大事です。