泡タイプの洗顔フォームなど肌に優しい敏感肌用の商品を使い、擦りすぎや洗いすぎに注意しましょう。

敏感肌

敏感肌とはちょっとした刺激で肌荒れなどを起こしてしまう肌質です。
洗剤を使うとすぐに手が荒れたり乾燥肌の方や、かぶれやすい体質も敏感肌の一種です。

 

敏感肌は間違ったスキンケアをすると、炎症などの肌荒れを起こすリスクも高いので注意しましょう。

 

 

敏感肌のスキンケア方法

敏感肌の主な要因は肌バリア機能の低下です。
特に角質層の水分量がバリア機能に大きな影響を与えるので基礎化粧品によるスキンケアがとても重要です。

 

まず敏感肌で気をつけなければいけないのが洗顔です。

過度な圧力や擦りすぎに弱いので、泡タイプの洗顔フォームなど肌に優しい敏感肌用の商品を選びましょう。
その後は、化粧水や乳液、クリームを使ってしっかり肌に水分補給と潤いを与えましょう。

 

敏感肌は化粧品が身体にあっていないと化学合成物質で炎症を起こしたりバリア機能の低下など副作用が起こる場合もあります。
しっかりケアしているのに敏感肌が治らないという人は化粧品選びから見直してみるとよいでしょう。

 

セラミド入りの化粧水を使ったり、肌再生効果が期待できるクリームを利用すると効果的です。

 

すでに水を付けただけでヒリヒリするような状態はワセリンを塗るだけにしたり、かたつむりクリームのエリシーナなど肌に負担が少ない対処法から始めましょう。

 

クリームイメージ

 

 

敏感肌は予防も大切

敏感肌の原因にはアトピーやアレルギーなどの生まれつきの問題もありますが、ストレスや間違ったスキンケアなどの後天的要因の方が圧倒的に多いです。

 

敏感肌は一度発症すると、正しいスキンケアを行っても回復に時間がかかります。
生活習慣や日頃の肌のお手入れなど、敏感肌の予防を日頃から心がける事が大切です。

 

また、敏感肌の原因で多いのは、擦りすぎや洗いすぎなどの洗顔によるものです。
洗顔料だけで簡単に落とせるルースパウダーを使用したり、薄いメイクで肌の負担が少なくなるように配慮するとよいでしょう。

 

敏感肌で肌が荒れると厚化粧で誤魔化そうとする方も多いですが、なるべく初期症状のうちから解決に向けた取り組みを行い、悪化させないように取り組みましょう。